バルミューダBALMUDA)の電気ケトルを買っちゃいました!(嫁が)
少し前にビックカメラで見つけて、散々迷って買わずに帰ったんですが結局、我慢できずに買ってしまいました!(嫁が)

購入した電子ケトルは『BALMUDA The Pot』(K02A-WH)。
カラーをブラックとホワイトのどちらにしようか最後まで迷っていたんですがブラックが売り切れていのでホワイトを購入することになりました。

ビックカメラでの販売価格は11,000円。バルミューダHPでの販売価格と同じでした。ポイントが付くのでビックカメラの方が少しだけお得です。

箱を開けると「Hello Kitchen!」のメッセージ。オシャレですねぇ。

パッケージ内容は本体、フタ、電源ベース、取扱説明書(保証書付)。

外観はこんな感じ。普通の電気ケトルと違って注ぎ口が小さくハンドドリップでコーヒーが淹れやすそうです。

質感はマットな感じで少しボコボコしています。

ケトルの中は、こんな感じ。シンプルな構造となっています。

電源ベースの裏側に電源コードを巻いて長さを調整することができるようです。電源ベースがホワイトなので電源コードもホワイトにしてもらえると嬉しかったですね。

電源スイッチはハンドル部分の下にあります。ONにするとランプが光ります。お湯が湧くと自動的にOFFになりランプが消えます。

実際にドリップコーヒーを淹れてみました。お湯が湧くまで4分弱くらい。今まで小型の鍋でお湯を注いでいたので当たり前ですが断然注ぎやすくなりました!

オシャレな電気ケトルを使うだけで気分が良いですね。コーヒーも美味しく感じます。(個人に感想です)

電気ケトルとしては少し価格が高いかと思いますがバルミューダ製品の中では購入しやすい価格かと思いますので気になる人は購入してみてはどうでしょうか?

ちなみにバルミューダの製品は日本国内専用となっています。日本国外では使用できませんし、修理、保証もできません。
海外に住んでいる人は諦めましょう!(笑)

Please follow and like us: