タッチ切れが発生してしまった「Xperia X Performance」を自分で修理することにしました。

AliExpressで注文してから二週間くらいで交換用液晶パネルが到着。発泡スチロールの箱で梱包されてるので早速開封したいと思います。

箱の中身は、この2点。液晶パネルと一緒に液晶パネルを本体に貼り付ける粘着シートも購入しました。

液晶パネルの取り外し方はドライヤーでリアパネルと液晶パネルを熱して粘着シートを柔らかくすることで意外と簡単に取り外せます。私は焦って液晶パネルだけ割れてしまいましたが慎重にやれば割らずに取り外せると思います。

オリジナルの液晶パネルと交換用に購入した液晶パネルを並べてみました。何か少し色が違う・・・。濃い目のグレーでカッコよかったのに交換用の液晶パネルのベゼルは薄いグレーで少しチープな感じがします。

一旦、粘着シートを貼らずに液晶パネルのコネクターを接続。タッチ切れが発生しないことを確認しました。あとは粘着シートを貼って固定するだけです。

粘着シートが貼れる箇所は液晶の縁数ミリなので爪楊枝でシッカリ貼っていきます。液晶パネルを貼り付けたあとはリアパネルも同様に粘着シートを貼ってからリアパネルを貼り付けます。

何とか無事に液晶パネルを交換することが出来ました。再度、取り外したオリジナルの液晶パネルを重ねてみました。やっぱり少しダサいな・・・。

純正の液晶パネルではないので多少、色の違いはありますが自分で液晶パネルを交換することができます。個人的には国内版のXperiaの人は購入したキャリアに頼んだ方が良いかと思います。海外版のXperiaを購入した人は自分で交換するのもありかと思います。

Please follow and like us:
カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です